忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.21:23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.21.09:05

俺の歌を聴け〜っ!

ヒトの生きていく世界で必要なものは?
空気・食べ物・水・その他。

逆に、なくても一向に困らないものは?
本・音楽・映画・その他。

創造や藝術は、特定のひと(その作家自身)にとっては生きる意味・不可欠なもの。
しかし、その他多数にとっては取り替えの可能なもの。
場合によっては<惡>とされることすら。

その<惡>が世界を救う唯一の術であるとしたら。
<惡>から新たな希望が見いだされる時、世界はどう反応するのか?

今日は映画のご紹介。
「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」
(要Macromedia Flash PlayerWindows Media Player

100%死に至る(しかも「自殺」という形で)ウィルスの蔓延する世界。
唯一進行を止めるのがミズイ(浅野忠信)とアスハラ(中原昌也)の奏でる<音>。
ウィルスに感染した孫娘・ハナ(宮崎あおい)を救うため、彼らを訪ねる大富豪(筒井康隆)。
ミズイらの奏でる<音>は、ハナを・そして世界をどこへ導くのか・・・?

青山真治が新たに送る、再生と希望の物語。
2006年1月28日(土)、シネセゾン渋谷テアトル新宿を皮切りに全国順次ロードショウ。

神よ、何ゆえに、我を見捨てたもうや?
神なき世界を救うのは、ひとの創る奇蹟。

実際のサントラも発売中。
まだ手元に届いていないので未聴。
しかし、中原昌也(a.k.a. 暴力温泉芸者、ヘア・スタイリスティックス)が参加しているからにはかなりの「爆音」が予想される。

ウィルスが原因で世界が滅びかける・・・という設定は、小松左京の「復活の日」が頭に浮かんだり。
音が世界を救う・・・というのは「マクロス7」ほか?

で、今回のタイトルは「マクロス7」の主人公の台詞(?)から。
PR

無題

タイトル見て、貴殿の唄を聴かせられるのかと思いますた。(w)

この映画の記事、先日某雑誌でふむふむと見たところでしたが・・・
僕ぁアウトブレイク とか ヒュウガ・ウイルスを思い出しますた。

無題

へー、おもしろそうな映画ですね。中原氏は私がまだ学生の頃、小説家として名前を知っていたのですが、今はどちらかというとミュージシャンが本業なんでしょうかね。サントラ聴いてみようかな。

  • 2006年01月22日日
  • URL
  • Modern Jazz Techno
  • 編集

無題

うっかりCKBかと思ってしまいました;
浅野忠信の映画、一度も劇場で見たこと無いんですよね。行ってみようかな。

無題

 いつくるんだろう。こっち…
 シアターキノは殆ど浅野忠信専用館になりつつあるなぁ(ヒトリゴト)

  • 2006年01月24日火
  • URL
  • ゆえひさ
  • 編集

無題

http
生きてますか?
いや・・・

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL