忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
11 2018/12 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 01

12.10.04:02

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.28.22:37

別館のご案内

最近の自分の状況だと、記事をあげるのにけっこう時間がかかってしまう。
以前ほどヒネった文章は書けないが、それでもとりかかるのに苦労する。

そこで、一種の備忘録&新鮮なネタをご提供する目的で「別館」を準備した。

<こちら>である。

[Link]の中に「Go to Posterous」としても置いてある。

記事のネタは、基本的にはかぶらないように心がける。
よろしければ足を運んでみていただきたい。
PR

09.14.17:34

iPod nanoが

届いたので、マジックペンと並べてみた



・・・ちっちゃ!このまま箱から出さずに飾っときたい。

07.11.21:04

皆既日蝕inイースター島

まもなくイースター島からの皆既日蝕中継が始まる。
興味のあるかたはぜひ。

04.18.21:22

麺!どう?コテコテ・・・

仕事で盛岡(in岩手)に行った。

普段はあまり出先の下調べはしない(特に仕事の場合)のだが、今回は何となく「美味いものはあるか?」と調べてみた。

出てきたのが↓
「盛岡じゃじゃ麺」

冷麺やわんこ蕎麦と並ぶ、盛岡三大麺だという。
仕事最終日の昼食に選んでみた。

盛岡駅地下の某店。
こんな感じでお品書き&食べ方が置いてある。


肉味噌を載せた麺が出てくるので、それにさらに自分で酢・ラー油その他で好きに味をつけて豪快に混ぜてかっ込むように食べる・らしい。

で、頼んだのがこちら↓


上に肉味噌は載ってないが、季節限定の「冷やしじゃじゃ麺」を頼んだからだ。
で、実際に食べてみる。
・・・個人的には美味い。「三大麺のうちでは味がぼやけている」と評する向きもあるようだが、あまりあれこれ味付けせずに「麺の味」だけでも充分だと思う。
食べ終わった後に卵を割り入れ、麺のゆで汁でのばす「ちーたんたん(鶏蛋湯)」もできるが、今回はそこまで入らなかった。

再度盛岡に行く機会はそうないだろうが、通販もできるようなので取り寄せてみたい。

しかし・・・
今回の旅は帰りが大変だった。
乗った新幹線が故障、約2時間の足止め。
結局は直らず、後続の新幹線に乗ることになった。
指定席の新幹線が故障したからといって、代わりに後続の指定席に座れる訳ではない。
後続は後続で<指定客>がいるのだ。

北上駅から約3時間、立ちっぱなしとなったorz。
↓の写真をよく見て欲しい。電光掲示板は「14時53分」だが、実際の時刻は15時56分なのだ。

03.28.20:47

遠く、暗い宇宙の奥から地球を目指してやって来る者、それを今私達は・・・

某政権に交代して以来、政治は迷走している。
(迷走しない政治なんてあるのか?という疑問はさておき)

国外からのいろいろな人材・勢力の流入を合法化しようとする法案が多いようだ。
それが悪い事とは一概に言えない。
しかし、良い事とも言えない。

価値観の違い・言語の壁・習慣の違い・・・
特に日本は「他国と陸続きに接していない」「基本的に少種類の民族のみで成り立ってきた」国であり、他国からの流入に慣れていない気がする。
外見の違いも大きいだろう。

では、この<日本>が<地球>に拡大されたとき。
流入してくる<外>を「地球人」はどう受け止めるのか?

今日は映画のご紹介。
「第9地区」
(ピーター・ジャクソン提供、ニール・ブロムカンプ監督、2009,アメリカ)

南アフリカ上空に現れた宇宙船と「難民」。
約30年後、スラムと化した<第9地区>から「難民」たちを立ち退かせる任務を与えられた男は、人類と「難民たち」の歴史を変える引き金となってしまう。

「ロード・オブ・ザ・リング」「キング・コング」のP.ジャクソンが仕掛ける、驚愕の未来。

2010年4月10日、全国ロードショウ。

宇宙からやってきた難民・ということでパッと思いつくのがバルタン星人。
彼らももともとは母星を核実験で失い、放浪の旅を続け、地球に移住しようとした。
「火星に移住してはどうか?」と勧められ、スペシウムがあるためにそれを却下している。
彼らの人(?)数が20億3千万人でなければ、どこかに住み着いていたのかもしれない。

あとは30万人を受け入れたアメリカで地球人と宇宙人の刑事がコンビを組む「エイリアン・ネイション」を思い出す。

宇宙人の刑事・というネタだとハル・クレメントの「20億の針」、大原まり子「エイリアン刑事」、最近では(刑事ではないが)多田乃伸明の「70億の針」あたりだろうか。

もちろん、枚挙にいとまがないほどの作品があるのだろうが、僕はそこまで明るくないので・・・。

タイトルはTVドラマ「インベーダー」のオープニングより。
   NEXT >>>