忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08.24.09:04

騙しだまされて生きるのさ

みなさんは<目>に自信があるだろうか?

視力、という意味ではない。
ちなみに僕の視力は、一番上の輪っか(ランドルト環)が見えないレベル。

見ているものが本物か偽物かを判断する能力、と言い換えてもいい。
いわゆる「目利き」の<目>だ。

大きなお金が動く世界では、この<目>は利いた方がいい。
もちろん、その目利きをだまそうとして魑魅魍魎が跋扈する世界でもある。

でも、とふと思う。
詐欺その他の悪意に満ちた騙しは論外としても。
騙される快感、というのもあるのではないだろうか。
だまされたと気付いた瞬間の驚き、そしてその後からこみあげてくる、なんとも言えない楽しさ。
身に覚えのあるひとも多いはず。

今日の一冊。
「福田繁雄のトリック・アート・トリップ」
福田 繁雄、毎日新聞社)

トリック・アート(もしくはトロンプ=ルイユ)の日本第一人者である著者が、世界各地で見かけた「本物の嘘物」を集めた漫遊記。

だまされる快感。
それは心の余裕のあらわれ。

実際の鑑定・贋作その他についてはまたいずれ機を改めて。
ほとんどTVを見ない僕には分からないが、「鑑定団」系の番組はまだやっているのだろうか?
目利きの集団が一般人の持ち込む<お宝>を鑑定するヤツ。
なんでも金銭的価値に置き換えようとするあの考えには、納得できない。
持ち込む一般人もそう。それまでは大事にしていたはずなのに、値段がシビアに出されたとたんに落胆したりする。
ものの価値は金銭だけであらわされるものではないと思うのだが・・・。
本当の粋人は<偽物>と知っていてあえて手元で愛でる場合だってあるのだから。

PC画面の見過ぎで視力に自信のないあなたへ。
こちらで視力測定をどうぞ(w。

福田繁雄「トリックアート面白世界」展が9月15日(木)〜10月23日(日)まで<霧島アートの森>で開催される。
興味のある方は、ぜひ。
PR

無題

エッシャーの絵を飾ってましたが、ずーっと騙されてるのもイカンと思い…
いつだったか外しましたぁ(W

「本物の嘘物」っていい仕事なれば本物を超えた本物かも。

無題

本を読んだりゲームをしたり、
パソコンもかなり使ってますが、
どうやら目の方はくたびれてないようで。
視力1.5はかなり見えますね。

目利きの「目」は、
ただいま成長中だと思うので、
まだまだ世の中の荒波にもまれる必要があるようですぅ。

無題

 こんばんは。
 こういう世界には、ころっと騙されてみたいものですね。
 見え見えの虚言や妄言には騙されたくないものですが。

無題

めがね・・・めがね・・・(w)

>>なんでも金銭的価値に置き換えようとするあの・・・
まったく。
しかし以前ある画家の個展をちこっとお手伝いし、会場撤去の際ポスター代わりに使っていた絵を捨てるというので気に入っていたこともありいただきますた。
ほとんど絵を売ることのない画家なんすけど、その後その画家の絵の価格@号数を聞いて に ん ま り するやら腰抜かすやら・・・

って価値を金銭に置換えてるやんけ。(w)

無題

自分にとって大切なものが、どんな値段がついたって、自分が大切ならいいや。
大事なのはそのものに対する、自分の愛情ではないかと…。

そろそろ"オザケン"の季節もやってきますね。
あたしにとって彼は秋冬物なのです。

無題

トリックアートは目が痛くなる。。

そそ、なんでも値段に置き換えるのはよくないよ〜。
そういいながら「あれは安いで〜」
とか言ったりしてますが(笑)

無題

だまし絵はおもしろいですね。
以前、エッシャーの画集を図書館で借りて、
子供と一緒にながめました。

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL