忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:40

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08.26.08:41

プロトカルチャァァー!

年に一度の、町をあげてのフェスティバル。
歌姫をめざす顔役の娘は、フェスティバルにやってきた若い男と恋に落ちた。

もちろん周囲は許さない。
どこの馬の骨とも知れない男に娘をやれるものか。
顔役は特権濫用し、男を牢屋に放り込む。

傷心の娘は、男のことを忘れようと歌うことに没頭する。
そんな彼女の歌声に誘われたのか、町には<招かれざる客>たちがやってきた。
<招かれざる客>たちは、町を血と混沌の極みに落とし込む。
町を、そして愛した男を守るため、娘は彼らと闘うことを決意する。

さぁ、カーニヴァルの始まりだ!!!

今日は映画のご紹介。
「エイリアン V.S. ヴァネッサ・パラディ」

「エイリアン V.S. プレデター」「フレディ V.S. ジェイソン」に続く脅威の異種格闘戦は、“歌姫 vs 地球外生命体”となった。
ここ数年、プライベートのために活動休止していた<フランスのイコン>ヴァネッサ・パラディ
彼女が脚本を読み、惚れ込んで出演を即決したという、5年ぶりの出演作。
劇場サントラの中では新曲6曲も披露されている。

愛は地球を救う。
歌は地球を救う。

註釈を少し。
この映画の原題は「Atomik Circus」。
つまり、ヴァネッサの名前は出ていない。
また、こちらを参照する限り、ヴァネッサはさらわれる「だけ」のようだ。
さらに、「エイリアン」はギーガーのアレではなく、本来の<異邦人><異星人>という意味。
なので、邦題のイメージだけで期待して観るとトンデモないことになるかもしれない。

でも、そのあたり分かった上で観ればとても楽しめるのではないだろうか。
まずは池袋・渋谷で10月から公開。
随時全国でも公開される。
今からとても楽しみにしている。

歌姫と異星人・・・というと、どうしても思い出してしまうのが<超時空要塞マクロス>。
リン・ミンメイとゼントラーディ人のかけあい(w)が楽しかった。
で、今回のタイトルはミンメイの歌を聞いて彼らが口走るお言葉を拝借。
PR

無題

タイトル、、、
懐かしさにふるえました。

  • 2005年08月26日金
  • URL
  • booooooooooks
  • 編集

無題

ミンメイ役とは同い年の同郷なんだよね・・・。
残念ながら?、中学校は隣だったけど(笑)。

無題

最近の流行なのだろうか『VS』

観てみたいのは、
エイリアンと戦ってきた「シガニー・ウィーバー」と、
ターミネーターで強い母を演じた「リンダ・ハミルトン」
もちろん監督は「ジェームズ・キャメロン」ですぅ(笑)

無題

リン・ミンメイ・・・・
懐かしすぎる〜(w

カラオケでアニソンに流れたときは必ず歌ったり(爆

  • 2005年08月27日土
  • URL
  • みっちょ
  • 編集

無題

タイトル通りなら絶対面白いのに。。

無題

プロトカルチャー!!( ゚д゚)
懐かしい〜〜♪

この映画も面白そうですね^^
関西方面でも公開されるのかな?

  • 2005年08月28日日
  • URL
  • YOSHI
  • 編集

無題

ヤック、デカルチャー(笑)

タイトル、狙い過ぎです!

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL

『エイリアンVSヴァネッサ・パラディ』

-----ぷっ。なに、このタイトル? まずタイトルで目を惹こうとしているわけだね。 しかしどうニャの。 ヴァネッサ・パラディなんて『橋の上の娘』から 5年ぶりの映画出演だし、インパクトあるのかな? 「言い方を変えれば、そのレベルの女優だから このタイトルをつけること

エイリアンvsヴァネッサ・パラディ

【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆    ロックなB級スプラッター。 すんません、引き続き今回もネタバレます。

エイリアンvsヴァネッサ・パラディ

【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆    ロックなB級スプラッター。 すんません、引き続き今回もネタバレます。

エイリアンvsヴァネッサ・パラディ

【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆    ロックなB級スプラッター。 すんません、引き続き今回もネタバレます。