忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.18:58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11.03.00:42

隣にいてくれるひとと、音楽と・・・

音楽・文学・芸術・・・
いずれも「生活のために必要なもの」ではない。
少なくとも、食べていくのには。
昔は高等遊民と言われたひとたちのものであった。
多くのこれらを志す人たちには資金援助してくれるパトロンが必要であった。

今はどうだろう?
生活に必要、なものでは、やはり、ない。
でも、ある人たちにとっては、人生を変えるような大きな存在になっている。
そうした「人生を変える一曲」のうしろには、その曲を作ったひとの「人生」を変えた一曲が存在する。
その広がりは、果てしなく、深く、僕たちを魅了してやまない。

で、今日の一冊。
「The Essential Disk Guide 2004
 〜あなたのライフを変えるかもしれない300枚のレコード〜」
SNOOZER(株・リトルモア)という音楽雑誌の2004年8月増刊。
2003年に出たアルバムをベースに、そこから派生的に広がる「今聴いてもらいたい」アルバムのガイド。

明日は休日。隣にいてくれる愛しいひとと、一緒にひもといて、お気に入りの一枚を見つけて欲しい。
PR

無題

こんばんは。

実は私もその「生活のために必要なもの」ではないことを志している一人です。

はっきりとは憶えていませんが、私も今までに「人生を変える何か」に出会ったことがあるからこそ、そのような志を抱くようになったのだと思っています。
単一のものではなく、あるいは様々な事柄の積み重ねが私をそうさせたのかもしれません。
いつか、私自身が誰かの「人生を変える何か」になれればこんなに嬉しいことはないと思います。

――それにしても、明日は仕事で休めず、隣にいてくれる愛しいひとも無し……寂しいものです。

無題

 コメント、いつもありがとうございます。

 そうですね。
 生活そのものには必要ない。
 でも、やっぱりそれがないとたまらない。
 特に音楽はそうですね。
 今もCDを聴きながら、これを書いてます。

無題

こんばんわ。
音楽とかってわたしは自分にとっての宗教のようなものだと思っています★
芸術とかって、知らず知らずにうちに自分の血や肉になっていたりします。

あいする人と、ステキな音楽があればハッピーですね。

  • 2004年11月04日木
  • URL
  • とうまあやこ
  • 編集

無題

ありがとうございます。

>>風峰さま
それを目指して頑張ってください。

>>figaroさま
音楽・本・演劇その他。
どれかひとつ、と言われるならやはり音楽でしょうか。

>>とうまさま
愛する人との趣味が全然違うこともありますがねぇ(苦笑)。
でも、そうやって聴く音楽の幅を広げるの楽しいです。

  • 2004年11月04日木
  • URL
  • say_say_say
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL