忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.25.09:04

裸の王様が綱渡りする、それも人生?

(元)社長の逮捕、という形で崩壊しようとしている某企業。
あまりにも彼が有名人であったために非常に注目されたが、同じような話はいくらでもあるだろう。
海外では彼が逮捕されたのは日本だからだとする説も出ている。
閉塞的な日本社会での自浄作用が働いたのかもしれない。

他人と同じことをやっていても、ビジネスはある程度以上は拡大しない。
ではどうするか?
掟破りスレスレを綱渡りするようなことを繰り返すか。
もしくは、だれも目を付けなかった・もしくは誰もやろうとしなかったニッチな分野に手を出すか。

後者とすれば、<誰も手を出さなかった>理由がそれなりにあるだろう。
その「理由」を受け入れることができれば、成功することもある。
・・・周囲の視線が気にならないくらいの胆力は必要だろうが・・・。

今日の一冊。
「死体まわりのビジネス−実録・犯罪現場清掃会社−」
(アラン・エミンズ、バジリコ)

犯罪・自殺その他で「死」にあふれた空間を掃除し元通りにするビジネスを興し成功した男の周囲を追うドキュメント。

成功に身を委ねる陰に、大きく口を開ける奈落。
乗り切るか堕ちるか、人生は綱渡り。

現実には「綱渡りでない人生」なんてものはない訳で。
渡りきる前に落ちるか、渡りきったところで落ちるかの違いにすぎない気がする。
実際に渡る本人からすれば大きな違いなのだろうけれど。

勝ち組・負け組/負け犬・・・なんて言葉が以前流行した。
他人と自分を比較すること・自分を貶めること。
何の徳にもならない。
自分の中に意味を見いだすこと。
それができれば、人生は楽しい・・・のかもしれない。

無論、そこまで僕が達観できているわけでもないけれどもorz。
PR

無題

葬儀屋さんも儲かるって聞きますしねぇ。

細く長く生きたいおらは、無欲なのです。
女と金さえあればぃぃ。あ、美味しい料理も。

  • 2006年01月25日水
  • URL
  • ちゃーりー
  • 編集

無題

勝ち組か負け組かはその人が死んでからじゃないとわからないということですね。生きている間は、ゲームの途中ですからね。

  • 2006年01月25日水
  • URL
  • はねもね
  • 編集

無題

上を見てしまうときりがありませんね、
ビジネスも結婚も・・・(笑

無題

「お金で何でも手に入れることができる」
見事、拘置所への切符も手に入れた彼(笑)
罪を償ったら、今まで見えなかった何かが見えるかもね。
日本からいなくなりそうだけど^^;

  • 2006年01月26日木
  • URL
  • ホテイフェチ
  • 編集

無題

まだ33歳ですか、出てきてから何するんでしょうね。
彼のニューズの陰で、オ●ャマモンが忘れ去られようとしているのが気になる今日この頃。

無題

勝ちとか負けとか意識してたらキリがないので疲れそうです。
「自分に勝ち組」になりたいなあ。
己には負けたくないです。

無題

僕ぁいつも綱から落ちそうで、、、、、orz

裸の王様という文字目にすると、じゃがたらの曲が自動的に頭の中で鳴るのであります。(w

  • 2006年01月26日木
  • URL
  • miyavilog@日々綱渡り
  • 編集

無題

彼はホントに道化だったようにも思えますね。
同じ生年なので期待と応援半分、妬みと軽蔑半分でしたが、なんともはや。
そのうちひっそりとフェードアウトするのかなと思ってたけど、まさかこんな形で大ゴケするとは驚きました。
改革者から容疑者まで、ってある意味尊敬に値しますね(憧れないけど)。

  • 2006年01月27日金
  • URL
  • エイタロ
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL