忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:49

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02.06.09:12

秘密の花園・・・??

普通だと入っていけない場所があるとしよう。
断片的にいろんな情報は耳にするが、実際にその場所に入ることはできない。
すると、いろんな想像がかきたてられる。

男性にとっての女子高/女性にとっての男子高は、そんな「場所」の筆頭ではないだろうか?
以前、仕事の関係で平日の女子高の中で一日すごした事がある。
さまざまな想像(妄想?w)を見事に粉砕されてしまった。

中・高一貫教育の、しかも寮生活の男子校/女子校というのは、一種の幽閉のような気がしてならない。
「男女七つにして〜」の時代ならまだしも、そうやって社会的に隔絶した世界で時を過ごすのに、何の影響も出ないのだろうか?

<塀の中>と同じく経験のない僕には、そんな妄想がかきたてられてしまう。

今日の一冊。
図説 世界監獄史事典
(重松 一義、柏書房)
(出版社リンクはこちら

古代から現代までの世界中の監獄を分類・概観した集大成。

管理・統制された社会。
それは鉄格子のない監獄。

(コメントできなかったようです。再構成かけました)
(2006.2.6 14時追記)

実際には「まったく何の管理もない自由な社会」というのはありえないのは充分小知している。
また、そういう社会は、実は非常に厳しいものとなるだろう。
すべてを自分で統制しないといけなくなるからだ。
僕などは、そういう世界に放り込まれたらすぐに墜落してしまうだろう。

監獄中の人々の人権を守ろうとするNPOのHPをご紹介しておく。

まったく関係のないネタだが、こんな記事をみかけた。
うーむ・・・(汗。
原作者が評価しているのは、実は二代目らしい。
PR

無題

test

  • 2006年02月06日月
  • URL
  • say_say_say/
  • 編集

無題

女子大はすごかった…

授業中はメイクタイムで異様な香り(ニオイ?)が
立ち込めてました。

無題

うおう、女子高ですか

しかしどんな想像をされてたんでしょう・・・w

無題

Macの花園
http

無題

やっと見られました(~_~;)

女子高なら松苗あけみ『純情クレイジーフルーツ』を
お薦めします
ご存知かとも思いますが、女子校漫画の金字塔です
私は共学しか知らないので興味深かったです

無題

旧長崎刑務所とか円形刑務所@ステファノ島とかケンチク学的に興味深い監獄は幾つもあれど、、、、、コノ本はちと見てみたい。

ところで原作者は2代目がお好みだと、ラジヲで言っとりましたが、、、、、何代目が お 好 み で す か ?

無題

私も松苗あけみ『純情クレイジーフルーツ』を読破致しました。なかなか読ませるマンガだと思います!
学園もので言えば、庄司陽子の『生徒諸君!』もオススメです。今は「教師編」も連載されていますが、私は断然、前作の方が好きです!

無題

Macの花園
いくつかあったら何する?

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL