忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:44

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.25.09:02

投稿エディー

ヒトというのは何かを表現したがるイキモノなのだと思う。
それが音楽であれ、絵であれ。
自分の中にうごめくモノを外部に発信しようとする。

特別なスキルがなくてもお手軽に発信できる(と思われがち)のが文章。
blogも含め、ネットの上だけでも数限りない文章が発信されている。

ただ、そうしたネット上の文章は第三者の視点でふるい分けられたものとは限らない。
第三者があらかじめ目を通し、一定の篩いをかけられた後で発信される文章。
多くは<投書>である。
自分の投書が掲載されたとき、投稿者は自分が社会の中でひとりぼっちではないことを感じることができるのかもしれない。

今日の一冊。
「ニッポンの投書」
(宝島社)
{人類最後のエンターテインメント}である(らしい)「投書」にツッコミを入れるVoice Of Wonderland(VOW)外伝。

目のつけ所にもよるのだろうが。
世に投稿のネタは尽きまじ。

BGM.
「死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!」
by Snakeman Show
SONY MHCL324

・・・よく考えると、こうした投書ネタを掘り起こしてネタにし、投稿し、一冊の本にまとめる、という行為はかなりメタな気がするのだが・・・。
VOW本部はそこまで考えてないだろうなぁ(笑)。

今回のタイトルは、スネークマンショウの一枚め「Snakeman Show」収録の<盗聴エディー>の変形。
PR

無題

blogも↑と同じかと。『愛の戦場』@SnakemanShowですかぁ?
当方もスキルなしのへっぽこモード全開で『ごきげんいかが1・2・3』deathな。

ご存知かも知れませぬが、↓最近のSnakemanShow
http
http

  • 2005年01月25日火
  • miyavilog
  • 編集

無題

読んでみたい1冊です。

無題

 こんにちは。
 投稿経験者(採用経験者)ゆえ、気になる一冊ですね。

無題

「人類最後のエンターテイメント」に惹かれますね。
ブログは確かに記事をふるいにかけられたりはしないけど、「人類最後のエンターテイメント」の一種なのかな。

無題

毒蛇に咬まれたら・・・急いでクチで吸え!
言ってみろ!

探せば出てくるな。きっと(笑

  • 2005年01月25日火
  • URL
  • もりもり
  • 編集

無題

友人の投稿が大新聞に採用されましたが
当日夜本人から電話が来て「載ったのに誰も見てくれて
いない、誰も何も言ってこない、ショックだ」と
ひどい落ち込みようでした
実は私も電話が来るまで気づきませんでした
今日はつまんなさそうだな〜と投稿を素通り。。。
投稿は辛いよ・・・かもしれません
ちなみに謝礼は現金5000円、多少の添削はされたそうです

友人のは地味なネタ(植物の栽培)だったので
ここでは多分不採用かと思いますが
ちょっと気になります

無題

高校生の時に大阪大学で「ジーパン論争」というのがありました。神戸女学院から出講されていた先生が、ジーパンをはいた女子学生の聴講を拒否するという話だったと思います。そのことにはじまって、「脳死移植」のはしりのころ1997年でしたか、「脳死直前」までになった父の話まで、投稿しては図書券をゲットし、本代にしていました。
このごろブログをやめて、また原稿用紙にしこしこ500字を刻む生活にもどろうかと、サイフの中身にぐちっています。

無題

私、新聞の人生相談を読むのが好き(*゚∀゚*)
相談の内容はどれも似たり寄ったり(新聞に載るくらいだから
あまり突飛なのはないでしょうけど)なんだけど
アンカー次第で良質問だったり愚質問になったりする。
相談者を励ます系、なだめる系、同情する系…、いろんな
答え方があるのだな〜と楽しい。

  • 2005年01月27日木
  • URL
  • てるてるおママン
  • 編集

無題

ありがとうございました>>all。
いやぁ、スネークマンショウはやっぱりいいです。
私はYMOとは無関係に彼らを知ったクチ。

>>choro様
ありましたね、「ジーパン論争」。いまだったらものすごいコトになりそうな。
>>おママン様
ま、お昼のみのもんたと一緒で、あまりにとっぴなことは取り上げられないでしょうけれど。
一番笑えたのは、故・中島らも氏の「明るい人生相談室」。
朝日文庫もしくは集英社文庫から出てます。

  • 2005年01月30日日
  • URL
  • say_say_say/
  • 編集

無題

と言うかsay_say_sayで投稿し直せ -
いや、何もないト思います
それ、ちょっとセンスあるかもw
発信よんよん

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL