忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.21:24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08.12.08:27

悪貨が良貨を駆逐する・・・?

かつては,その商売にたずさわる人間は二極分されていた.
片方の極.
一から(つまり基礎から)徹底的に叩き込まれ,段階を踏んでレベルアップしていく人間たち.
もう片方の極.
他に生きる術がなく,最後の手段としてその道を選ばざるをえなかった人間たち.

本人の意思にかかわらず・・・の可能性があるという意味ではどちらの極も同じだろう.
踏み込まずにすむなら踏み込みたくない冥府魔道.
しかし,一歩踏み込んだ以上,そこには<覚悟>が存在していた(はず).
プロフェッショナルとしての<覚悟>,もしくは,命の糧としての<覚悟>.

ところが,その両極間に<覚悟>のない層が多数流れ込んできている.
そのため,商品の価値は下がり,商売は迷走を始めている(らしい).

今日の一冊。
「売春論」
酒井 あゆみ、河出書房新社)

かつてみずからも風俗界の住人であった著者が綴る,現代の売春ビジネスの変容,そして,そこに身を置く女性達の心理.

どんな仕事にも<覚悟>が必要.
それがない半可通は,自らを持ち崩す.

売春をどう定義するか?はとても難しい問題であろう.
この著者の定義も,ハタと膝をうつものではあるが,それだけにしてしまうのは危険きわまりない.
<援助>という言葉で言い換えているのも拍車をかけている.
今さら言っても・・・の感はぬぐえないが.

以前の記事<児童買春>の内幕にせまるノンフィクションを紹介しているので,よろしければそちらも御参照を.

・・・個人的には「自らの意思で売る<児童>」をどう扱うか?もきちんと考えるべきだとは思う.
彼(女)らは,時に<被害者>の隠れ蓑を着た「加害者」となるのだから.

あ,僕自身は風俗は興味ないので念のため(汗).
PR

無題

一昔前と随分違うんでしょうなぁ。買う方も買われる方も。

僕も風俗はぜんぜん興味ないのですが、say×3さんどうして(汗)なんdeathか?(w)

無題

現代の性は難しいですよ、ほんと(・ω・)

どうして(汗)なんですか〜?(ニヤニヤ

無題

おはようございます。

売春ですか、難しい問題ですよね。
お互いに理由をつけて正当化するでしょうし。

買うほうも売るほうもね・・って思いますけどね。

みなさんが突っ込んでいるので、
どうして(汗)なんでしょうか?(笑)

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL