忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11.23.09:29

バケモン、ゲットだぜ!

今月二回目の祝祭日。
祭日のない月は6月と8月くらいのもの。
でも、「海の日」と同様に、そのうちなんらかの根拠をでっちあげて休みが作られることだろう。

ごく一部のひと達を除き、恩恵を受けることはないのだが・・・。
(かえって迷惑?)

休日の過ごし方は、どうしているのだろう?
普段よりもすこし紅葉がずれこんでいるようで、ちょうど絶好の紅葉狩りの日和ではある。
しかし、考えることはみな同じ。
(九州北部ネタで申し訳ないが)耶馬渓秋月、さらには一年に一度この時期しか一般公開されない九年庵なんて、紅葉を観るよりヒトを見るために行くのと変わらない。

そうなると、いきおいカウチポテト状態となってしまう人も多いだろう。
日頃撮りためているHDDの中身を整理したり、買うだけ買ってまったく手をつけていないDVD-BOXを引っ張り出してみたり。

・・・そうしたDVDを観ていると、何か違和感を感じる瞬間が時折ある。
リアルタイムで観た覚えのある作品ほどそうだ。
台詞が変わっている・一瞬画像がとぶ・エピソードがひとつとばされている・・・。

記憶違いか?いや、そんな筈は・・・。

今日の一冊。
「放送禁止映像大全」
(天野ミチロウ、三才ブックス)

差別的表現・発表当時との倫理観の変化・スポンサーの圧力・はては主演俳優の個人的な理由(wまで含め、
様々な理由で現在「あまり目にすることのできない」映像作品263作品を紹介するリファレンス。

美しい思い出は美しいままで。
トラウマとなる思い出は・・・それもまた美しい、のか?

「あまり〜」としたのは、今のネット時代、ほとんどの作品は(非合法スレスレまで含めれば)本気で探せば目にすることができるだろうからだ。
また、わざわざDVD(-BOX)を買ってまで観るようなひとなら尚のこと。
おそらくマニアな方々が見ると「この程度?」と言われるのだろう。
「へぇ、知らなかった」ということがいくつかでもあれば・・・。

・・・「ノストラダムスの大予言」(1974)はぜひもう一度観たいもののひとつ。
この内容で「文部省推薦(!)」だったというのが・・・。当時劇場で観てトラウマをしっかり叩き込まれた。
ただし、公式には国内でのソフト化はされておらず、海外版のビデオのみ・・・。

個人的には帯の実相寺昭雄監督の序文があったから購入した。
ちゃぶ台をはさんでモロボシ・ダン(ウルトラセブン)と向かい合う幻覚宇宙人メトロン星人をはじめ、なんとも言えない(独自の)美学に貫かれた映像がたまらない。

今回のタイトルは、ピカチュウからみで日本中の家庭を混乱の極みにしてしまった「ポケットモンスター」の台詞を改変(惡?)した、安永航一郎の某作品中セリフ。
・・・この人の作品こそ「発禁」になりかねん(w
PR

無題

祝日の過ごし方。
朝、7時半に起きて朝食を食べて仕事にいく。
お昼ご飯を食べて仕事する。
・・・いつもと同じじゃん。

  • 2005年11月23日水
  • URL
  • けろきょろ
  • 編集

無題

祝日が増えて迷惑、と言うより、
月曜ばっかりに休みが集中していて、それが迷惑です。私の場合。
いや、きっと他にも多くの人がそう思っているはず…。

  • 2005年11月23日水
  • URL
  • 菜園チスト
  • 編集

無題

祝日はほとんど仕事デス。ちなみに来る年の正月3日間も出勤予定。
「ノストラダムスの大予言」・・・大槻ケンヂ氏のエッセイにも度々登場する作品ですね。聞くからに(読むからに?)凄そうな内容・・・。

無題

祝日はお昼までごろごろしてその後どこかしらふらふらと…。
紅葉狩り日和ですかぁ…。考えもしてませんでした^^;
耶馬溪…秋月…。
行きたいけれどあの人ごみはちょっと^^;

  • 2005年11月24日木
  • URL
  • ひろりん
  • 編集

無題

すっかり忘れてたこと。

「ノストラダムスの大予言」
中学生の時にコレを作文に書きました。
担任のセンセーにクラス全員の前で、
「コイツは1999年に死ぬんだってよ〜」
と鼻で笑われ、
ソイツが英語教師だったお陰で、
英語がダイッキライになりました。

コレも立派なトラウマなのかしらん?

まぁ、そんなことを作文に書く私も私だけど、
アイツの反応もどっか違っていたように思うなぁ・・・。

無題

 こんばんは。
 本当に、本当に、お疲れ様です。

 祝日祭日、当方もあまり関係がありません。
 ただし、当方はぶらりひょうたん的な生活を送っているからですが。

 『ノストラダムスの大予言』
 噂はかねがね聴いているのですが。
 ぜひ一度観ておきたいものです。

無題

勤労感謝の日の九年庵はごっつい人だったようで。
仕事してるほうがマシかもですなぁ・・・

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL