忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:30

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.18.09:04

カミングアウト!

男性と女性の区別が意味をなさなくなりつつある現代。
男は外へ、女は家に・・・という時代ではなくなりかけている。
育児休暇をとる男性や<主夫>も増えた。

性同一性障害、トランスジェンダーという言葉・概念もかなり広まっている。
自分の「肉体の性」と「こころの性」の違いにとまどうひと達。
こころの性に合わせて肉体を変えることが(条件つきだが)認められて以来、多くのひとが自分の<性>と真正面から向き合うようになってきている。

だが、上記のようなひと達も、「肉体の性」は<男>か<女>であるだろう。
肉体的に<男>でもあり<女>でもある存在を、人々はどうとらえるのか?

今日の一冊。
「両性具有」
(パトリック・グライユ、原書房)

中性ヨーロッパの医学・文学・芸術の中で扱われてきた<半陰陽なるものたち>を通して描く、「薄明かりの中の精神史」。

完全なる存在はこの世にはない。
不完全だからこそ、愛おしいのではないか?

両性具有が<完全な存在>なのかは、おそらくキリスト教圏ではそうとう論議されているだろう。
神や天使には「性」はない(両方の性を合わせ持つ?)とされるから。

一方で、よく引き合いに出されるだろうギリシャや北欧の神々。彼らはとても人間くさい(本来は逆なのだけれども)。
不完全な存在に惹かれるのは、そうした「人間くさい神々」へのあこがれなのかもしれない。

性同一性障害についてはこちらのHPが、
また、半陰陽(インターセックス)についてはこちらのHPが入り口になると思う。
PR

無題

今朝の読売新聞(ドキュメント・両性の間で)にも載ってましたな
(読まれましたか?)
理解しがたい世界ですが
確実に存在するもの…


ところで
この新聞の記事ですが
文体が似てますね…
まさか?←バカ

無題

ブログへのコメント、ありがとうございました。

「両性具有」
一時期、澁澤龍彦にハマってた時期がありまして(笑)
何気にそそられる言葉です(笑)

  • 2005年05月19日木
  • URL
  • ホテイフェチ
  • 編集

無題

性同一性障害は小脳が小さい人が多いという記事を読んだことがありますが・・・
実際はどうなんでしょう?

  • 2005年05月19日木
  • URL
  • はねもね
  • 編集

無題

もし自分の子供が性同一性障害だったとしたら・・・?
形と性。どちらに合わせて育ててあげるのが
親として選ぶべき道なんでしょうね?

当人が男女こだわりを持たず、
器用にそれぞれの性別を使いこなせれば素晴らしいけど
そこまでくると神の域、人間としてではむずかしいでしょうね。

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL