忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.21:25

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02.17.09:06

「あたし、きれい?」猛スピードで彼女は・・・。

「ともだちから聞いた話です。
 学校からの帰り道、女の人に呼び止められました。
 かのじょは、長い黒髪で、色白で、とてもきれいでした。
 でも、風邪をひいているのか、おおきなピンクのマスクをしていました。

 『あたし、きれい?』
 そのひとに訊かれ、ともだちは『うん』と答えました。
 すると、かのじょは『これでも・・・?』とマスクをはずしました。
 マスクの下には、耳まで裂けた大きな口があったそうです。

 こわくなったともだちは、必死に走って逃げ出しました。
 でも、かのじょは、鎌を持って、ものすごい速さで追いかけてきました。
 あと少しで追いつく寸前、かのじょは急に立ち止まり、消えてしまいました。
 そこは理髪店の前で、かのじょの嫌いなポマードの匂いがたちこめていました。」

・・・都市伝説の<口裂け女>。
彼女は三人姉妹の末っ子で、整形手術に失敗した長女と交通事故で口の裂けた次女から鎌で口を裂かれたのだという。
なぜ「三人」姉妹で、どうして「鎌で」口を裂かれなければならなかったのか?
そこに人々の遠い記憶がひそむとしたら・・・。

今日の一冊。
「江戸東京の噂話」
(野村 純一、大修館書店)

うわさ話の底にひそむ、人々の願い・祈り・怖れ・記憶を掘り起こす。

七十五日を超えて残る話は、どこかに真実が隠されている。

BGM.
SILENT ALARM
by Bloc Party
V2 V2CP205

走って追いかけてこられたら、まず逃げ切れなかったはず。
100mを6秒で走破するとか、でも新幹線には勝てなかった、とかのウワサでしたし。

ただ、このごろはこんな「都市伝説」が裸足で逃げ出す事件ばっかり起こってますし・・・。
妖怪やお化けよりも生きてる人間の方が恐ろしい、てのはホントですね。

タイトルは数年前の芥川賞「猛スピードで、母は・・・」より。
PR

無題

えっ、やっぱり噂って場所により変わりますね。
私の記憶が確かなら「100mを9秒で走破、オリンピック優勝間違いなし」「ベッコウ飴をあげると許してくれる」など。
某番組で「口裂け女は怒っているお母さんの姿だ」と結論が下されていました。
「三人姉妹の末っ子」は知らなかった。
当方では「荒川で口裂け女が泳いでる」なんてローカル噂もあり。

  • 2005年02月17日木
  • URL
  • Crambom、
  • 編集

無題

ポマード!ポマード!ポマード!

口裂け女伝説は、どこかの大学のとある研究室が、うわさの広まり方を調査するために流した作り話だったと聞いたことがあったようななかったような...

無題

あたしは第二パラグラフまでしか記憶に残ってません。
小学生の頃、この話が怖くて怖くてたまらなかったのを
思い出してしまいました。
眠れなかったよなぁ、確か…。

無題

口裂け女なつかしいぁ

うちの家の近くでもデルって
噂で捕まえに行こう!って
皆ででかけていきましたよ。

今考えると怖すぎ、その行動に^^;

  • 2005年02月17日木
  • URL
  • 有栖川@モエヤホンポ
  • 編集

無題

口裂け女の噂があったのは小学生の頃・・・
それから社会へ出てまわりに聞くと話が微妙にずれているのが
面白い^^

鎌だけが独立して蟷螂女になっている地域も・・・w

無題

口裂け女が流行ってる頃は生まれてなかったかもしれません。
むしろ小学校の時に流行ったのは人面犬w

最近は都市伝説もないから楽しくないですね(ぉ

無題

昔、OL時代聞いた話しで「口裂け女」「赤マント」のうわさ話は
広告代理店の*通が北海道大学の学生に「噂は何日でどの範囲まで広まるか?」的な実験で流したと聞いたことがありました。今や万人が知ることとなった口裂け女の話し。口コミって凄い媒体力ですよね。

無題

ここ最近ここのエントリ一番乗りで来るんですけどコメントがまとまらずに、消してしまっていますw

うちの田舎にも某団地の屋上に口さけ女が居ると噂が出ました。
屋上じゃ意味がないだろって今は思えますけど、子供のころはねー。怖かったですよw

無題

子供の頃本気で怖かった。
いや、今でも思い出すとやはり怖い。
それにしても口コミだけで広まるってすごいですよね。
ネットなんてなかった時代に...

無題

口コミもそうですけど、本当に恐ろしいのは「デマ」だと。
これだけで会社の一つや二つ潰せてしまう……
その手段が口コミ……あなおそろし。

無題

 こんばんは。
 口裂け女、懐かしいですね。

 ○○が井戸に毒を投げ込んだ。
 ××が暴動を起こすらしい。

 そんな噂やデマはごめんです。

無題

『あたし、きれい?』
マスクしてなくてもこのセリフは怖いですネ。

無題

こんにちは!
有名占い師が「宮崎で17〜19日にデカイ地震と津波がある」と言った・・・というデマが流れている(葉吹抹茶さんの2月18日記事「Xデー」)らしいです。信じてなくても気分わるいですね。
p.s.コメント頂いていたのが消えちゃって本当にすみません。その件の事情説明とお詫びが拙ブログの2月18日記事の最後にありますので、読んでやって下さい。m( _ _ )m

無題

ありがとうございました>>all。

故意に流した噂、というのは知りませんでしたね。
うわさ(というか都市伝説)の広がり方をシミュレイションしたような小説に
「将棋殺人事件」(竹本健治、創元推理文庫)
があります。興味のある方はご一読を。

デマ、ってのも恐ろしいですね、悪意のあるなしにかかわらず。
昨年のクリスマスに、
「某地方銀行がつぶれるから一両日中に預金をひき出すように」
というメールが流れ、プチパニックが起ったことがあります。
発信源は分からないままに、警察では逮捕状を請求したりしてました。
確かOLさんがちょろりと友達に流したメールだったはず・・・。

無題

彼女、魔女だったんかい(驚愕)
話聞いてるの?
女三人は比較的されにくいんじゃないかなぁ

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL