忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:54

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07.27.20:30

君よ手をのばせ もう離さないように つづれおれ命よ たえまない犠牲たちよ

花火大会に出かけた。
何年ぶりかのこと。
人ごみの中は避け、少し離れた立体駐車場から眺めることにした。

隣にいるきみに、どうしても目がいく。
白い生成り生地の浴衣。
帯は「文庫結び」だろうか。

開始時間が近づき、引き寄せられるように人が集まり始める。
よさそうな場所に見当をつけ、腰を下ろす。
左肩にもたれかかる、きみの頭。

<スターマイン>を皮切りに、次々と<割物>があがっていく。

携帯やデジタルカメラで写真に撮ろうと、じっとファインダーを覗いている人も多い。
ぼくもやってみるが、シャッターのタイムラグがあり、慣れていないのも含めて上手くいかない。

「写真も綺麗だけど・・・」きみがポツリとつぶやく。
「ファインダー越しじゃなくて、自分の目に一瞬のひかりを焼き付けたほうが綺麗じゃない?」

言われて気付く。
一瞬の花火もそうだけれど。
きみと一緒にいる、この<時間>こそが大事なのだという事。

花火のひかり きみの瞳
かけがえない 夏の思いで。
PR

無題

久々の恋愛ネタ、快作ですね
しかしネタという言葉の意味が昨今は(ry

花火といえば自分のリアル体験ではなく
アニメ「妄想代理人」の花火の名場面を思い出します
どこまでもオタク^_^;

  • 2008年07月27日日
  • 管理人S
  • 編集

いいねぇ、いいねぇ

キャーっ!

…ん?…え!…ネタ!?

私の花火大会は片貝。
喧嘩した後だったか、言葉もなくチョッと離れたトコロに座って見ました。雨が降って雲が低く、打上げた花火の花の半分は雲の上で咲いていたな…遠い思出。

ネタじゃないコトを祈りつつ、是非お二人でお時間あれば観に行ってください。

  • 2008年07月28日月
  • まい
  • 編集

無題

今回の「きみ」は以前登場した、引越しの時の
女性とは別の人なのかしら。

って、私が首突っ込む事じゃないですけど
スミマセン。

そうそう、感動はファインダー越しじゃ
得られません。
子どもの行事もそうです。

  • 2008年07月28日月
  • えすぺらんさ
  • 編集

無題

眼こそカメラ、心(脳?)こそメモリ(HDD?)。
10年以上前に彼女と見た花火大会が1番心に残ってる。

その彼女。今では「あぁ何でそんなに花火撮るの下手なの」と苛めますorz

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL