忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.21:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12.22.08:40

<上>と<下>のサンバ

あと一週間少しで「師走」も終わる。
今年はそれほど走り回らなくてすむようだ。

12月に限らず、走り回っているときにはふと思う。
「こんな仕事、なんでやってるんだろう?」
「他にも仕事(職業)、あるのにさぁ」

邪な心がささやきかける。
「残る連中の事なんか気にするなよ」
「もっと割のいいトコロ、探しな・・・」

しかし、逆の心もささやきかける。
「そっちの水は、ほんとうに、甘いのかい・・・?」

今日の一冊。
「図説{最悪}の仕事の歴史」
(T. ロビンソン、原書房)
(出版社のリンクは「こちら」

古代〜ヴィクトリア王朝時代にかけてのイングランド周辺で、歴史の舞台裏に確実に存在した<誰かがやらなければならなかった>仕事。
底辺から華やかな舞台を支え続けた「彼ら」とその「仕事」をユーモラスに紹介。

隣の芝生は青く見える。
でもきっと、隣から見たらうちの芝生も瑞々しく、青い。


おそらく今のぼくの仕事や内容をリアルに知っている人からみれば、「何文句言ってんだよ」と言われかねない。
でも、一人ひとり状況が違うし、今の仕事を始めた頃とも環境は変わっている。

ただ、今回ご紹介した本の緒言にあった一文↓を胸にとどめておきたい。

「(前略)とりわけ、職場で惨めな思いをしたり、不当に扱われたと感じた日には、あなたの仕事よりはるかにおぞましい職業についていた歴史上の無数の人々のひとりでないことを、感謝していただきたい。」
PR

無題

さすがに40前になると
他の場所へという気は早々起きません。
まあ、それなりの位置にいるし
いまさら一からというパワーも
なかなかでない。
そな無気力社員が会社のお荷物になるんですよね(涙)。

  • 2007年12月24日月
  • URL
  • ガッちゃん@朝の帝王(笑)
  • 編集

割のいい仕事って何?

あー耳が痛い!耳が!

上には上が、下には下が。
今の世の中どっちにしたって
楽できないよ(トホホ。

  • 2007年12月28日金
  • sinon
  • 編集

無題

最悪の仕事、日本にも樋すまし童(便器番)がいましたね
しかしそれなりに汚物を観察して楽しんでいたかもしれないと思います
トイレ掃除やどぶさらいは今も、嫁の仕事と決められている家庭も結構あります
非婚化の理由のひとつ、結婚による身分の低下ですね
でも求められるのが嬉しいから嫁になるという心理もあり、かなり相殺

一番きついのは、誰からも必要とされないこと、仕事がないこと
でしょう

  • 2007年12月29日土
  • 管理人S
  • 編集

無題

おおー偶然にも同じ本を本屋の店先で吟味?しておりました
なかなか、興味深い内容でした
今でもタブー視されていて
公にはならない、仕事も多々あることでしょう
でも、人間社会には↑も必要なんだと
学生の諸君には読んで頂きたいと思いましたの

  • 2007年12月30日日
  • URL
  • プリュム
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL