忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.21:09

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.15.09:06

<幻視者>たちの円環

以前の記事で取り上げたことのある<共感覚>者。
彼らはひとつの刺激で、いくつもの他の感覚が惹起される。

<共感覚>とまではいかなくても、ある刺激から他のインスピレーションを得ることは、<創造者>たちの間では珍しいものではないだろう。

固定された殻の中に閉じこもることなく、自らに限界を課することもなく。
受け取る眼をきたえ、耳を研ぎすまし。
そして彼らの生み出す<もの>は、さらに多くの<創造者>たちへ刺激を与える。

今日の一冊。
「武満徹:Visions in Time」
(堀元彰 他編著、エスクァイア)
(出版社のリンクはこちら

没後10年を経て、さらに数多くの人々を魅了する音楽家(そして幻視者)、武満 徹
彼の愛した藝術作品と遺されたことばから、その秘密を解き明かす。

過去の創造者から未来の創造者へ。
それは閉じることのない円環、昇りつづける螺旋。

先週末に<帝都>襲来していたのはご存じの通りだが、つつがなく予定をすませた後の日曜、ポッカリ時間が空いた。
そこで、東京オペラシティで開催されている<武満徹:Vision in Times>展を観に行った。

ダムタイプの<ヴォヤージュ>池田亮司《db》などで何度か足を運んだことのあるオペラシティ。
けして閑散としている訳ではないが、ひとは多いとは言えなかった。
まぁ、11時の開館に合わせる形で入場したためだろうが、結果として、非常にゆっくりと堪能できた。
ビデオのインスタレーションやCDなどをすべてきちんと観て聴いたため、会場を出たのが14時。
有意義な時間だった。

その後、電車を乗り継いで渋谷へ。
【魔窟】TOWER RECORDSに侵入。
結果・・・8枚「しか」買ってませんから!orz

今回の上京時期とP.F.Mの来日公演が一致していたのに気付いたのは後から。
早く気付けばチケット押さえたのに・・・。

あと、池田亮司の新作上演とマシュー・ボーンの<シザーハンズ>上演スケジュールも知った。
前者はともかく、後者はどこかで観にいけないだろうか・・・。
PR

無題

シザーハンズの舞台なんですか???
大好きな映画の一つなので、興味がむくむくとvvvv

無題

 こんばんは。

 武満徹は、ソングやギター曲中心に聴いています。
 で、彼に関する著作物はまだしっかり読んでいないんですね(汗)

無題

お、ロボたちお帰り。
最近の若い者のね
そりゃ0だよ?

無題

ポチっとマダー? www(゚∀゚ )っ/凵 ⌒☆チンチン

無題

こんばんは。
マシュー・ボーンの舞台は「スワンレイク」「カーマン」など、どれも素晴らしいものでしたよね。
「シザー・ハンズ」も出来れば見たいものです。

「共感覚」はありませんし、「超能力」もありませんが...。
「聴力」が異常にいいらしい(通常聞き取れないはずの周波数も拾う)私は「雑音」が苦手です。
ちょっとでも濁った音には肉体的苦痛さえ感じます。
もしも...。
テレパス(感応者)だったら...。
あらゆる「思考・思念」の「雑音」を拾ってしまい、苦痛に満ちた生活ではないかと思います。
「超能力」なら「予知能力」が一番欲しい気がいたします。

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL