忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.21:22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08.05.09:04

羹に懲りて膾を吹く・・・だけでいいのか?

小学校・中学校のころに「理科の実験」を楽しみにしていたひとは多かったのではないかと思う。
頭の中に<知識>として蓄えられる前に、目の前で起こる<現実>。
こうなった!という感動や喜びは、理屈抜きに体に刻み込まれる。

しかし、あとから<知識>を手に入れようとした時、禁止された経験もあるだろう。
「危ないから」
「知らなくていい」

・・・蓋をするだけで、はたしていいのか?

今日の一冊。
「図解・アリエナイ理科ノ教科書IIB−文部科学省不認可教科書−」
(薬理凶室・編著、三才ブックス

兵器・毒物・ドラッグ・・・
良心的なひとならマユをヒソめかねない題材から、「実践としての生物・科学・物理」・・・<理科>を(実はマジメに)解説する。

毒にも薬にもならないモノよりも、
毒でも薬でもなるモノがイイ。

実は前作の改訂版も出ていたりする(Amazonはコチラ)。
それぞれの内容はコチラ(前作)およびコチラ(IIB)をご覧いただきたい。
文体やらなにやらがアレだったりソレだったりするかもしれないが、波長の合うヒトにはとても面白い。

以下、参考文献。
今回、この本を知るキッカケになったJOKER氏の<月のユメ〜OSX Tips Diary〜>
<薬理凶室>作家陣のひとり、KuRaRe氏の<CLOCK EDELWEISS>
<薬理凶室>作家陣のひとり、ポッカー氏の<ポッカーの実験室>

・・・個人的には<大人の科学マカジン>よりもこちらの方が好き。
PR

無題

そうですよー・・・トランペット吹いてたんですよー!
アホス
何をかね?

無題

学研の「科学」と「学習」は好きだったんですが、授業は..orz

無題

理科室でふざけて硫黄を溶かしていて、一酸化炭素中毒になりかけたことがあります。当然ながら理科の教師にぶん殴られました(T^T)

無題

この本は、先日書店で見ました。
夏休みは理科物の本が、目だってますね。

めくってびっくりしました。

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL