忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.21:06

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10.23.00:20

国際的に通用する日本語

たとえば津波。某オンライン辞書によれば
hydraulic bore // seismic sea wave // tidal wave // tsunami
となっている。緊急時の国際警報で通用するように、だろう。
他にも、ゴジラ/ニンジャ/ゲイシャ/ウタマロ(これはちょっとアンダーな意味)など。

そして、ここ数年、ひとつの日本語が新たに加わっている。
<OTAKU>。
本来はfanboy、geek、nerd、anorakなどが類似の意味となり、いずれもやや否定的なニュアンスがあるのだが、最近では肯定的・もしくは褒め言葉のニュアンスも含んでいる。

で、本日の一冊。

「美術手帖」2004年11月号

ラリー・クラークの特集があったので購入したのだが、小特集として現在ヴェネツィアで開催中の国際建築展(ビエンナーレ)が挙げられている。
たまたま仕事で先月末〜今月頭にヴェネツィアに行き、前情報なしでビエンナーレを訪れ、日本館を観たのだが・・・
多くを語るより、公式HPをご覧頂き、判断していただきたい。
www.jpf.go.jp/venezia-biennale/otaku/
ちなみに、デンマークとアイルランドから巡回の要請がきているらしい。また、金獅子賞にも一票入ったらしい。
来年行われる<横浜トリエンナーレ>で、ぜひ凱旋帰国巡回をして欲しいものだ。

BGM
Anoraknofobia by Marillion
PR

無題

こんばんは(^o^)いつもコメントありがとうございます☆

ビエンナーレのHP、見てみましたが…
なんか…えぇっ!?ちょっと悲しい…これが日本の代表となったわけなんですよね(^_^;)
確かに芸術の一端ですが、少なからず拒絶感も感じてしまいます。

ヴェネチアに行ってきたんですね(^_^)うらやましい…☆いつかは行ってみたい都市の一つです。

無題

コメントありがとうございました。
OTAKU...最近、日本では聞かれなくなったように思います。
海外に輸出されすぎて、在庫が足りなくなったのかしら?(←バカです)

無題

あやふやな記憶なんですが、Typhoonも台風が語源で、Tycoonも日本語の大君が語源らしいですね。

OTAKU…そういえば、宅八郎さんって人がいたから出来た言葉でしたっけ。今何してるんだろ(笑)

無題

おはようございます、コメントありがとうございます。

>>chiyoさま
他の国と比較すると、より際立つんですよね(汗)。
ヴェネツィアはぜひ一度訪れてみてください。このブログの下の方でも、おすすめの本とか挙げてます。

>>k-taroさま
日本ではわざわざ「おたく」として特別視しなくなってきてるんでしょうね、すでに。
過剰在庫も困ります(滝汗)。

>>Aktoさま
OTAKUの語源は宅八郎さん・・・というか、他人とのコミュニケーションの時に「おたくの●○は・・・」と言うことが多かったから、のような記憶が。あやふやですが。
宅八郎氏。東京の友達が、つい先日彼のやってるバンドの演奏を観てきたそうです。全然変わってなかったそうですよ(笑)。

  • 2004年10月23日土
  • URL
  • say_say_say
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL

OTAKU

"萌える"と称される、村上隆に代表される美少女キャラクター群は、アンディ・ウォーホル以来のポップアートなのか?それとも、ただの過大評価? 昨晩、日曜美術館を久々に見ました。オタク文化についてでした。 みなさんは、"オタク"と"マニア"の違い、わかります?