忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10.21.18:53

「橋のない川」にかける<橋>

こんなコトが話題になっているらしい。

両者の言い分に、正直なところ興味はない。
似たような論争は、日本のエンターテインメント界ではいくらでも起こっている。

興味があるのは、放送する側の反応。
特にTV。
「訴えられるかもしれない」「巻き込まれるかもしれない」
そうなるかどうか、は、放送してみないと分からない。
しかし、今のメディアは、「そうなった」時のことを過剰におそれている。

今日の一冊。
「放送禁止歌」
(森 達也、解放出版社)
(文庫判はこちら。)

「手紙」(岡林信康)、「竹田の子守唄」(赤い鳥)、「自衛隊に入ろう」(高田渡)・・・。
(リンク先はMIDI音源が流れます)

<放送禁止>の烙印を押されメディアから消された曲を、だれが、なぜ、そうさせたのかを追う中で著者が気付く<事実>。

対岸の火事なら燃え盛れ。
火の粉が来るのはごめん被る。

僕が読んだのはつい最近だが、この本が書かれたのは2000年のこと。
当時とはやや状況が変わっているかもしれない。
TVなどのメディアでは流れない曲でも、たとえば「手紙」の収録された「わたしを断罪せよ」「狂い咲き」(ライヴ盤)など、聴こうと思えば聴ける状況ではある。
しかし。
そうした<曲>があった、という事実を知らなければ、聴く努力もできない状況に変わりはない。

すべての人にそうした努力を強いることはできないのだが・・・。
僕の記事が、そうしたほんのちょっとした「努力するきっかけ」になってくれると、とても嬉しい。

どうだろう、そうした「きっかけ」に、僕の記事は、なっているだろうか?
問うてみる・・・。
PR

なんとも

報道のされ方で受け手の印象は随分変りますが、、、
個人的には↓コレとかん~と唸りますた。
http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20061019-105553.htmlと
http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY200610180133.html

ところで高田渡はアレとしてw、高田漣はいいですな。

  • 2006年10月21日土
  • miya
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL