忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:28

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.06.13:12

「孤独なら、怠け者にはなるな」

黄金週間最終日。
終わってしまえばあっという間。
仕事は3日間ほど入ったので、とびとびの休み。

何かしたか?と問うならば、
「してません」との返事になってしまう。
部屋の整理・本の整理、「積ん読」の整理・・・。
なのに、時間を持て余している自分がいる。

つくづく思う。
「何もしない」のには才能と体力がいるのだ、と。

今日の一冊。
「働かないー[怠けもの]と呼ばれた人たちー」
(トム・ルッツ、青土社)
(出版社のリンクは「こちら」

18世紀に登場した怠惰の唱道者「アイドラー」から現代の「スラッカー」にいたる<怠け者>の表象を膨大な資料とともに辿る一冊。

働かざる者も喰える現代。働けども喰えない現代。
じっと手を見る、蟹と戯る。


<スラッカー>は<slacker>のことで日本語にすれば「怠け者・兵役忌避者・無目的に暮らす若者たち」ということになる。
アメリカ版wikipediaの記載は「こちら」だか、よくみると「フィクション上のスラッカー」の中に<NARUTO-ナルト->の登場人物が入っていたりする。なぜか?は僕には分からない(読んでいないから)。

「ワーキング・プア」の話や「ネットカフェ難民」が問題となる日本では、今回紹介の本の内容がそのまま当てはまる訳では、もちろんない。
しかし、第9章「情報社会のスラッカー」の最後半には新宿ゴールデン街のフリーターへのインタビューも出ていたりするので、興味がおありの方はその部分だけでも読んでみてはどうだろう。

今回のタイトルは、本書の第2章で紹介されているサミュエル・ジョンソンの言葉。
実際にはこの前に「怠け者ならば、孤独にはなるな」とある。
僕はどちらなのだろう、怠け者か?孤独なのか??
PR

やっべ!

アイドラーとスラッカー
・・・アイスラッガーが出てきた僕は
ちょっと疲れ気味です(涙)

  • 2007年05月08日火
  • URL
  • ガッちゃん@休日
  • 編集

無題

ひゆじ、すったくもん、たれかもの・・・

  • 2007年05月09日水
  • miya@ワーキング・プア
  • 編集

腹が立つのは羨ましいから?

出来ることなら引きこもってたいけど
経済的にそれは無理な
潜在的怠け者の自分はどうすれば?

  • 2007年05月09日水
  • sinon
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL