忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:18

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.06.09:11

「われわれは今、<人跡未踏の地>へ足を踏み入れようとしています!」

年に一度、ヨーロッパ方面へ旅をするようになって3年少しになる。
基本的に英語の通じる(カタコトでも)領域にしか行っていないから語るのもおこがましいのは百も承知。
しかも、いずれも仕事がらみなのでほとんどはホテルと仕事場の往復だけだ。

それでも、「未地の世界」へ足を運ぶのは、楽しい。
そして、実際に行く機会はまずないだろう地域のハンドブックや紀行文を読むのも、時々だったら楽しい。
うまくすれば脳内麻薬が出まくり、トリップできる感触もある。

さぁ、次の<トリップ>は、どこにしよう?

今日の一冊。
「宇宙旅行ハンドブック」
(エリック・アンダーソン、文藝春秋)

世界初の宇宙観光旅行会社であるスペースアドベンチャーズ社の社長が書いた、「予算」から「トイレの使い方」まで網羅する、本物のハンドブック。

目指すは宇宙(そら)。
果てなき夢をのせて飛翔(と)ぶ、そら。

他にもいくつか「宇宙旅行」を計画している会社はあるようだ。
ヴァージン・ギャラクティック社では、2008〜2010年をめどに宇宙弾道旅行のツアーを予定している。
ちなみにお値段は20万ドル。席のリザーブが2万ドル。

・・・高いと思うだろうか?
スペースアドベンチャーズ社の弾道飛行も同じ頃に開始予定で、こちらは10万ドルちょっと。
ちなみに、宇宙ステーション一週間滞在となると、約半年間の訓練も含めて2000万ドルかかるという。
で、その4人めとして日本人起業家の榎本大輔氏が訓練を開始しているらしい。

個人的にはこちらの宇宙の入り口への旅をしてみたい。
と言うか、Mig-25<フォックスバット>に乗りたい!てのが強いのだけれど。
・・・で探していたら、Mig-29<フォルクラム>に乗れるプログラムを見つけた。
この会社では、他にも真の北極点深海ダイビングなどの様々な企画を行っている。

ちなみにタイトルは「水曜スペシャル<川口浩 探検シリーズ>」をイメージしたもの。
いやぁ、欲しい・・・w。
PR

無題

今回はなんともスケールの大きい話ですねw

年一度のヨーロッパだけでもスゴイことなのに

川口探検隊 懐かしいです
こんなDVDが出るなんて予想もしませんでしたw

無題

訓練しないで普通に宇宙に行けるようになるのは、いつごろでしょうねえ。関心があります。

無題

 こんばんは。

 宇宙の果てまで旅してみたい、と思い続けています。
 実現不可能なことでしょうが…。

無題

Dice-Kの宇宙旅行。
さっき「報道ステーション」でもやってました。
ホリエモンも行きたかったろうに。。。。
ちなみに旅費は20,000,000$。
こっちも天文学的数字(笑。

無題

宇宙!!
今は無きコンコルドに一度は乗ってみたかったわたしには、スケールも金額も大きすぎです(汗)

無題

死ぬまでには一度見てみたいdeathな。
地球はそれまで青いかなぁ、、、、、

無題

でも、2001年なんだよ
人工無脳は楽しいすよ
でも取り調べする前に殺しちゃいますから

無題

2010年、2061年、3001年も、、、、、>2061、3001は無理だ。ワタクシも人工無脳になろ。(w)

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL

公式ブログメッセージチェンジャー