忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.19:26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06.20.09:11

「ほったいもいじくるな!?」

仕事の関係で、時折り外国のヒトの話すのを聞いたりする。
おおよそ、何のコトを言っているのかは想像がつく。
<ギョーカイ>用語中心であれば分かる部分が多いし、powerpointなどでプレゼンテーションされながらが大半だからだ。
相手も、聞く方がnativeではないコトを分かったうえで話してくれる。
ついていけないコトはない。

それがイキナリざっくばらんな内容になると分からなくなる。
アルコールが入ったりするともうダメだ。
こちらが集中できなくなり、相手の舌はなめらかになる。

多分こんなコト言ってるんだろうと思いつつ聞いているが・・・。
間違ってたらどうしよう?
でも、そう聞こえたんだからしょうがない。

今日の一冊。
「僕にはこう聴こえる〜ロック・オリジナル訳詞集3〜」
(大槻 ケンヂ他、思潮社 )

オーケンによる「ラヂオスターの悲劇」(バグルス)、原マスミによる「スタアダスト」(ナット・キング・コール)、町田町蔵による「おまえのどこが一番不細工か」(フランク・ザッパ)・・・
パンク・レゲエ・ニューウェイヴ・民謡などの<ロック>を、訳詞如来たちが自由奔放に「日本語詞」に変換。

想像の翼は言葉を超え、
新たな世界の地平線へ。

参加しているメンツはこんな感じ。
大槻ケンヂ柳原幼一郎真島昌利紅龍、原マスミ、町田町蔵清水アリカ、比留間久夫、仁川高丸宮西計三

出版そのものが1992年とけっこう古いので、手にはいりにくいかもしれない。
でも僕は、先日の上京時に新宿の新刊書店で入手した。
興味のあるご仁はレッツトライ。
PR

無題

ん〜、コリは知らなかった故みてミル貝。w

  • 2006年06月20日火
  • miya@即寢成仏寸前w
  • 編集

無題

面白そうですね〜見てみ鯛w

無題

ついてsay_say_sayだ。つつかれておこう。
2ちゃん用語多いよね。

無題

おや,この本は知らなんだ

てかかなりおもしろそーな本ですね

見つけたら即買いだな〜

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL