忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.21:09

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10.04.09:14

「そのまま足を動かすな!地雷だ!!」

僕がblogを始めて、そろそろ二年になろうとしている。
われながらよくネタが続くものだと思う。

当初はかなりストイックに記事を挙げていたはずだが、最近はやや軟化してきている。
そして、可能な限り個人特定のできる記事は挙げていないつもりではある。
しかし、顔抜きではあるが写真もある。
他の方々への/からのコメントを吟味すれば、職業も分かるだろう。
記事の内容も、ひとによっては「何こいつ?」と思われるかもしれない。

そうした(僕からみた時の)<悪意>が向けられたら・・・。

今日の一冊。
「祭られた人々〜インターネット事件簿〜」
(晋遊社ムック)

誰もが巻き込まれるかも知れない<祭り>。
典型的な<祭り>をまとめ、自衛の手段を模索する。

同じ阿呆なら・・・
踊らにゃ損か?踊ると損か??


舞台が2chであることが多いため、あまり近寄りたくない/近寄らないから大丈夫・・・と思う方もいらっしゃるかもしれない。
しかし、そうした人たちでも、観察の対象になっていることは充分にある。
興味のある(よくも悪くも)方は、ここでURLを出すのはちょっと・・・なので、「2ch」「ウォッチ」あたりで検索してもらえれば、と思う。

ただ、世の中には上には上がいる。
こうした「祭り好き」をさらに踊らせる存在もいる。
このFlash(音あり、注意)なんか典型だろう。

今回紹介の本でも紹介されているコラム「ブログで自滅する人々」はこちら↓。
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
PR

こわいですねえ

確かにネットで情報発信している人なら
可能性はある話です。
気をつけたいものですね。

  • 2006年10月05日木
  • ガッちゃん@二日酔い
  • 編集

無題

ある事柄に対して反対意見を持つ。
それは当然のことだし述べることはかまわない。
でも、それを煽ったりわざと挑発して喜んでいる人たちの感性や美意識が理解できません。

  • 2006年10月05日木
  • URL
  • けろきょろ
  • 編集

明日はわが身・・・かも?

何気なく書いたものがその対象になる可能性が無いわけではないと思い、結構ドキドキしている部分はあります。

無題

おはようございます。
昨日。書店で件の本を見かけ、購入しようか迷っているとことです。
チラ見した内容では...。
若い女性を暴力もしくは脅迫で思い通りにした、と書き込んでいる男性がいて...。
「嘘八百でありますように。。。」と思いました。

非難されて当然、という「発言者」だけならともかく...。
真面目に問題提起しているだけ、でも「運が悪い」とターゲットになることがあるようです。
「ブログ閉鎖」の理由が「悪意ある大量のコメント」とあるのを見るに付け、
「何でこの方のブログが攻撃の対象に!?」と感じることがしばしばです。

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL