忍者ブログ

日々是好日〜読書日記〜{Revised ed.}

ありとあらゆる本の読後感想。時に映画・旅・恋愛ネタなど。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08

07.11.20:51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.07.14:49

某県某市某町○-●●◎-○、ゴドーは今日はこないと告げられた。

朝から風が強い。
暴風雨・・・どころか暴風「雪」になりそうだ。

幸い仕事でなく、呼ばれていないので、ひとりで部屋にこもっている。
誰かが訪ねてくることはない。
心の中で、誰かを待っているとしても。

今日一日、<僕>という名の王国が、この部屋にできているようなもの。

今日の一冊。
「世界飛び地大全-不思議な国境線の舞台裏-」
(吉田 一郎、社会評論社)

世界中に存在する飛び地を、その成り立ち・歴史について概説。

窓の外は雨。僕の世界は、この部屋の中。
訪ねてくれることのない<誰か>を待ちながら。

以前にもこの作者の「国マニア」を紹介したことがあったが、どちらかというとそちらの方が面白かった気がする。
それでも知らないことを教えてくれるのは、楽しい。
ロンドンの某ホテルの一室が、たった一日だけ<ユーゴスラビア>だったなんて思いもよらなかった。
(そこで生まれたのがこのお方、アレクサンダーII世

今回のタイトルの前半はそれを踏まえたうえで、現在の僕の住所を伏せ字で。
後半は、サミュエル・ベケット「ゴドーを待ちながら」より。
さらに、本文の一番最後の一文はみず谷なおきの「人類ネコ科」、兵藤真琴のセリフを一部改変。

以前も紹介したHP、「世界飛び地領土研究会」をもう一度。
PR

無題

「世界飛び地領土研究会」は私も時々見にいきます。かなりこのサイト好き!
東京の練馬にも飛び地があるんですよ。
こんどポタリングがてら行ってみようかな…。

今日で松の内も終りですねぇ。
おっと、滑り込みで「あけましておめでとうございます」
東京は強風です。
土鍋で七草粥を炊きながら、強風の音を聞いております。

  • 2007年01月07日日
  • まい
  • 編集

どら江もーん

また一つ好奇心のために成る内容。

どこでもドアーがあれば、どこにでも・・・。
今は風も無く、星空の北関東。

後藤を待ちながら

わたしも部屋にこもっています。
うん、まさに一国の主ですね。

  • 2007年01月08日月
  • ぽん
  • 編集

deha

国マニアのが面白かったですな。
カイラス山に我が飛び地つくる所存。w

  • 2007年01月08日月
  • say*3
  • 編集

スマソ(汗

↑途中で間違ってポチッとしてしまいますた。orz  

  • 2007年01月08日月
  • miya
  • 編集

「浦和ですか。海が綺麗でしょう」と言われて絶句。
埼玉は海がないんですが。
きっと昔は浦和は海で、隆起して飛び地の湖になり
それも干上がったんだろうかと考えました。
生まれ故郷ではないせいもあり案外地元を知りません。
かといって生まれ育った世田谷もあまり知りません。
空襲で焼け残ったことくらいしか。。
なので道路が狭くくねくねして
戦前の空間感覚が残っています。

  • 2007年01月09日火
  • 管理人S
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL